ドリームの気ままなダイアリー

石川県内ラーメン650店舗食べ歩き。現在全国1000店舗達成!

売上金着服・・・信じられへん話(-.-#)

 こんにちは、ドリームです。この話は恥ずかしながらうちの会社で起こった嘘の
ようなホントの話です。僕にとっても恥ずかしいお話なので友達限定記事にします。
 始まりは去年の4月頃から。。。時々売上金のレシートの合計と実際の現金の
合計が5000円から10000円違うことがありました。会社の経理担当をして
いる妻と現場を仕切っている責任者が当初は分かりませんでした。しかしいろいろ
な状況から判断してある1人の人物が疑わしいと判明。しかしこれはあくまでも
決定的な証拠にはなりません。そこで抑止力になればと思って防犯カメラをレジの
上に設置しましたところ、売上金のレシートの合計と実際の現金の合計が合うよう
になりました。
 すると今度は従業員の財布から現金が抜き取られるという事件が起こるようにな
りました。うちの親父が会社を立ち上げて38年目になりますが、このようなこと
は初めてです。これまで従業員の良心に任せてロッカーを設置していなかった僕の
会社の責任もあると思いますが、ショックでした。そこでロッカーを購入して個人
の貴重品を入れるようにしましたところ、そちらに関しても盗られるようなことは
なくなりました。なお、盗られた現金に関してはうちの会社で従業員に弁償させて
頂きました。実はこの頃に従業員が交代で夏休みを取っていましたので、消去法で
疑わしい人物はやはり彼女でした。しかしロッカーを置いたことで現金の抜き取り
もなくなってホッとしていました。
 そして冬を迎えて会社も忙しくバタバタしているうちに2月となりました。1月
も結構忙しかったのですが、ふとうちの現場を仕切っている責任者があることに気
づきました。「あれ!?これだけ忙しかったのに売上金が少ない。でも売上金のレ
シートの合計と合っているしなぁ。」と思って今度は売上金を入力してあるコンピ
ューターの会計ソフトを開いて実際の売上金を見てみると、大変なことが判明しま
した。なんと会計ソフトの売上金の合計とレシートの合計が1日あたり5000円
~10000円違っているではありませんか!更に調査すると、そんなことが12
月頃から続いていることが判明。そこでレシートを事細かくチェックしましたとこ
ろ、何故かレシートの中にー5000円とかー10000円と打っているものが
いくつも見つかりました。
 そこでうちの妻の戦いが始まりました。レジの不正操作が疑われる時間帯の防犯
カメラの画像をチェックしました。すると予想された人物がレジの不正操作をして
いることが判明。更にその時間前後の動画のチェックを更に進めるとその手口が分
かってきました。その1、お客様から頂いた5000円あるいは10000円を書
類の下に置いて発生したお釣りはレジから出して通常通りお客様にお返しします。
書類の下に隠したお札は左手で持って移動していくという技。そして彼女はお客様
に有難うございますと頭を下げている姿が映っているのですが、妻はお客様に心の中
で10000円札を出して頂いて有難うございますと言っているに違いないと憤慨し
ていました。その2、書類をレジが開いた部分に置いて書類の下にあるお札を左手
でそっとつまみだして抜き出していくという技。これらをうちの妻が見事に見抜
いてしまいました。その他にも技があるかもしれませんが、それ以上は。。。(^^ゞ
 なお、最近は仕事が始まる前にレジに釣り銭を仕込むのですが、その作業を彼女
がしたときに1000円札を25枚入れたはずなのに、10枚足りないと言うこと
が数回。。。こちらが発覚したときにある古くからいる1人の従業員に事の真相と
重大さを説明してチェックするようにしました。
 実際に現金を取るまでの証拠はありませんでしたが、動画という状況証拠が加わ
ったことで僕たちは行動を起こすことにしました。それは弁護士さんに相談するこ
とでした。実は同級生に弁護士さんがいますので恥を忍んで相談しましたところ、
大変誠意を持って対応して下さいました。今週の月曜日の夕方に来て頂いて僕たち
夫妻と現場責任者が会って対応策を相談。
 本日土曜日に弁護士さんの立ち会いのもとで退職勧奨させて頂き、目出度く退職
して頂くことになりました。本来ならば、懲戒解雇にあたる事案ですが弁護士さん
曰く刑事告発してもなかなか警察は動いてくれないので、刑事告発しない代わりに
辞表を出して辞めてくださいという形を取った方が良いとのこと。ちなみに僕たち
夫妻もその場で話し合いに同席していましたけど、彼女はレジの不正操作に関して
は認めましたけどお金を盗ったという自白はしませんでした。ネットで今回のよう
な事案について書いてあったものをいくつか見ましたけど、お金を盗ったと自白を
認める例は少ないと書いてありましたので別に驚くことでもありませんでした。た
だ・・・弁護士さんと僕と2人きりになった時に「彼女は黒でしょうね!」「本当
に違っていたら、あれだけのことを言われたらまず開口一番怒るでしょうね。」
「彼女はほんとにしたたかだ!」とお話していました。僕も一緒に3年近く働きま
したけど、それは肌で感じていました。でも覚え書きにこちらが受けた損害につい
て請求しないと言う文章を見てでしょうか?「疑わしい行動をしたことに関しては
すいませんでした。」「おっしゃるとおり、辞めさせて頂きます。」と素直に辞め
て頂くことに同意して頂きました。彼女にしてみれば刑事告発されないことと損害
を請求しませんということで職を失うわけですが自分の中で取引に応じた形なので
しょう。でも最後まで現金を盗ったことは認めませんでした。ただ、ちょっと気に
なるのはそれまで彼女が勤めてきた経歴を見ると2~3年ごとに職を変えているの
はもしかしてこのようなことを繰り返している?常習犯だったのか?と。。。何し
ろあの動画の手口は鮮やかすぎますからね。。。(^^ゞ流石にこの場に動画はアップ
できませんが。。。
 そんなわけで不正発覚から2週間で友人弁護士さんの協力と妻の努力で解決する
事が出来ました。さて・・・今日も妻に感謝しながら何処かに食事へ行って労って
やらないと。。。(^^ゞホントに感謝!!!
 最後まで長文を読んで頂きまして有難うございました。