ドリームの気ままなダイアリー

石川県内ラーメン650店舗食べ歩き。現在全国1000店舗達成!

札幌ドームツアー

 もしかしたらこの表題で何処かのアーティストが札幌ドームでコンサートをして
それを観に行ったのでは?と勘違いされる方もいらっしゃるかも!??実は札幌
ドームではツアーアテンダントの案内であこがれの選手たちが使用するロッカール
ームやブルペンなど、ふだん見ることのできない、ドームの裏側を見学出来るので
す。僕もせっかくなので50分ほどのツアーだというので申し込んでみたんです。
ただ当日は平日だったために僕が参加した時間のツアーは他に誰もおらず、マンツ
ーマンでのツアーとなりました。そんなわけでゆったりと見学、そしていろいろと
お話を聞くことが出来ました。

イメージ 1

 まずはバックネット裏からスタート、シーズン席の紹介をして下さったかな?他
のシートよりもとてもシートが良くて革張りだったような!?そんな話を聞きなが
ら観客席を案内してもらいました。

イメージ 2

イメージ 3

 その後、ドームの球場からサッカー場へと場面転換作業の様子をビデオで観せて
頂きました。リアルタイムだと日が暮れてしまうほどの長い時間がかかってしまい
ますので、何倍速かは忘れましたけど早送りされて撮影されたものを観ることが出
来ました。その後はグランドに降りて・・・。

イメージ 4

 人工芝の感触を足で感じながら歩いてみたり、上のように1塁ベース上に立って
記念撮影してもらいました。この時点で何となくワクワクしてしまいました(^_^)
野球は小さい頃に草野球程度しかしたことがありませんが、気分はもう野球少年に
もどったような!??

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 続いてベンチに座って記念撮影。すっかり選手気分!??本来他の球場ではホー
ムチームは1塁側、ビジターチームは3塁側だそうですが札幌ドームでは逆だそう
です。その理由は・・・忘れました!(確かオーロラビジョンやスコアボードの
設置された場所が3塁側からの方が見えるからだったような!?)そして次に選手
が使用しているバットやヘルメット、シューズを手にとって触ることが出来るんで
すよ!この日は中田選手と引退した稲葉選手のバットが置いてありまして、実際に
振ってみたりしましたが僕には重すぎました(^^ゞ

イメージ 8

 そして・・・キャッチャー付近からピッチャーマウンドを眺めた当たりを撮影し
て次の場所へと向かいました。

イメージ 9

イメージ 10

 次はベンチ裏のブルペンでした。ブルペンの様子はベンチからモニターで見るこ
とが出来るみたいですね。ブルペンのマウンドを横から観たところとマウンドの
後ろからキャッチャー方向に向かって観たところを撮影しました。

イメージ 11

イメージ 12

 アテンダントさんからせっかくなので投げてみますか?と言われてマウンドに
立ってみました。なかなかさまになっているでしょうか?投げる先はあちらの
ストラックアウトのボードです!もちろん僕が狙ったのは左投手がもっとも得意
とするクロスファイヤーと言えば、右打者のインコースですね!インローである
9番を狙いましたが。。。球は無情にもすっぽ抜けて大きく外角へとそれてしま
いました(^^ゞアテンダントさんは「届くだけで立派ですよ!届かない人はたく
さんいらっしゃいますし。」と慰めてくださいましたが、悔しかった(^^ゞ言い
訳ですが球がホントの軟球や硬球ならまだ投げやすかったと思いますが、所謂
スポンジボールなのですっぽ抜けやすかったんですよね(^^ゞ

イメージ 13

 そしてキャッチャー方向からマウンドを観たところです。そして右手に写って
いるのが今回のアテンダントのお姉さんでした。とっても優しくて綺麗な方で
したよ(^_^)vこんなアテンダントさんならずっとアテンダントしてもらいたい!
と思いましたけど、そうもいかず(^_^)

イメージ 14

イメージ 15

 そしていよいよ大詰め、選手のロッカーを紹介してくださいました。しかし
ホームである日本ハムのロッカーは実際に選手たちの荷物がありますので、入る
ことは出来ず代わりにビジター側のロッカーを見せてくださいました。そしてそこ
日本ハムのロッカーを撮影した写真を見せてくださいました。

イメージ 16

 最後は球場内への通路です。何だかワクワクしませんか?こんなわけで・・・
約50分間にわたるドームツアーが終了しました。このツアーを観たからだと
思いますが。。。まさか翌日も来ることになるとは・・・(^^ゞでも楽しい
ひとときで良かったと思いました、こんなところにも日本ハムのファン獲得に
向けての地道な活動が見られたような気がしました。